トップページ >カルシウムとストレス解消

カルシウムとストレス解消

イライラしたり怒りっぽい人に、カルシウム不足を指摘するシーンがよくありますよね。ストレスがたまっているときにカルシウムをとるといいというのは、本当なのでしょうか。

 

精神安定の作用

 

カルシウムというと、骨や歯を丈夫にするというイメージが定着しています。子供のうちには、カルシウムをとらないと背が大きくならないなどといわれて育つものです。

 

カルシウムは年をとってからも重要な栄養成分で、骨や歯を作るだけではない働きを持っています。99%は骨や歯に存在するカルシウムですが、残りの1%は血液の中や細胞内に存在しているのです。そして、不足するとホルモンや神経伝達物質の分泌に異常が発生します。カルシウムの割合分布のバランスがくずれただけでも、精神が安定しなくなってくるのです。

 

ストレスがカルシウムの吸収を阻害

 

極端にストレスがたまってくると、腸内でカルシウムの吸収が妨げられるようになります。このため、カルシウムの体内バランスがくずれて、ホルモンや神経に影響を与え始めます。カルシウムとストレスには、深いかかわりがあるのです。

 

そもそもカルシウムには、体内のイオンバランスを整えたり筋肉の収縮や心筋を正常に働かせるのに重要な栄養成分です。こうした働きが損なわれるだけでも、神経には余計な負担がかかってきます。

 

そのような意味でも、カルシウム不足は精神的にイライラを招きやすい状況となるのです。日頃からカルシウムを含んだ食品をよく食べるようにし、カルシウム不足を補いましょう。